褒めるタイミングって?難しい!?自己肯定感をあげる方法!!

障害者の支援をしているとクライエント(利用者)の自己肯定感を高めるためにたくさん褒めてあげたいと思っていても、なかなかタイミングが難しいと感じていませんか?そんな悩みを持つ方は、この記事を一度読んでもらえればと思います。

1つの行動に対して1回しか褒めてはいけない?

褒めるタイミングが分からない人は、タイミングをはかりすぎている事が多いと思います。まず、知って欲しい事は、 「1つの行動に対してたくさん褒めても良いのです!!」 と言う事です。1つの行動に対して1度しか褒めてはいけいないと考えると当然、タイミングをはかる必要もありますが、一つの行動に対して複数回褒めて良いとなるとそれほどタイミングに気負うことなく褒めることが出来ると思います。

主な褒めるタイミング

とはいえ、褒めるタイミングをいつが良いか分からないとは思うので例をあげてます。

□ ①良い行動をやろうとした時(事前)

□ ②良い行動をやり始めた時(事始)

□ ③良い行動をやっている時(事中①)

□ ④良い行動が継続出来た時(事中②)

□ ⑤良い行動が出来た時(事終①)

□ ⑥良い行動が終わって時間がたってから(翌日、1時間後等)(事終②)

上記のように、褒めるタイミングはたくさんあるので、1つの良い行動に対して複数回褒める事が出来る事も意識してたくさん褒めて欲しいです。褒めるタイミングがわからい人は、⑤良い行動が出来た時(事終①)のタイミングを計りすぎている事が多いので、タイミングはたくさんあるので積極的に複数回褒める事を意識する良いかと思います。

たくさん褒める事のメリット

○利用者(クライエント)の自己肯定感が高めることができる。

○利用者(クライエント)の良い行動がたくさん増える。

○利用者(クライエント)との関係性が良くなります。

○人を褒める事で褒めた人自身の自己肯定感も上がります。

例 座っている姿勢が悪いAさんへ姿勢を意識するように褒める例

  職 員 「Aさん、姿勢が横に倒れていますよ。体起こしましょうか」

  Aさん 「ほんまや…起こさないとな」

  職 員 「自分で起きようとするのすごいですね!!」①

  Aさん 「よいしょっと」⇒姿勢を起こす

  職 員 「良い姿勢になりましたね。いい感じです。」②

  5分後 Aさんは良い姿勢を維持している

  職 員 「良い姿勢維持できてますね。」③

  5分後

  職 員 「すごい!!10分も良い姿勢維持できてますね。」④

  5分後、疲れて悪い姿勢になった。

  職 員 「15分も良い姿勢できてすごかったですね。かっこよかったですよ。」⑤

□  翌日

  職 員 「昨日は、Aさん良い姿勢がとれて良かったですね。」⑥

と例のように一つの行動でたくさんの褒める機会ができました。

さいごに

基本的に褒める事は、良い事しかありません。タイミングをはかりすぎずたくさん褒める事で支援がより良い方向に進んでくれればと思います。

タイトルとURLをコピーしました