エンパワメントの言葉の意味とは?

はじめにお読みください。

この投稿は、ぜぶらの18年の障害当事者の支援経験に基づいて掲載しております。これから障害当事者の支援をはじめる方や支援に迷った方に少しでもお役に立てればと思い投稿しております。できる限り正しい情報を提供したいと考えて作成しておりますが一部ぜぶらの主観に基づいた記載があるとは思いますので参考程度にお読みいただけると幸いです。

ご意見、ご感想、ご要望などありましたら下記より頂けると嬉しいです。

また、障害当事者の支援についての相談やも受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

ぜぶらへのメッセージは ilc.trunk@gmail.com

投稿者ぜぶらの他の投稿を読みたくなった方は  ぜぶらのページへ

ぜぶらのプロフィール

年 齢 アラフォー

取得資格 介護福祉士、社会福祉士主事、ケアマネージャー、サービス管理責任者 など

エンパワメントは「個人や集団の潜在能力を発揮させる考え方」だと言う事が理解できても意味が説明できないとの意見が多かったので私なりの考えまとめてみました。様々な人がエンパワメントを実践の中で使って、解釈されています。私は、どれも素晴らしい実践の元で培われてきたもので狭義(狭い意味)ではそれぞれあっていいと思います。しかし、初心者には解釈が難しいそこで逆に広義(広い意味)ではどうだろうと考えました。

エンパワメントの直訳から考えました。

 エンパワー = 権限の委譲(付与) 、 メント = 行為 

つまり「権限を委ね譲る行為」ぜんぜんしっくりきません。間違っていたらすいません。

次に  権限 = 力 、 委ね譲る = 与える と解釈すると

「力を与える行為」なんか上からですよね?私は神かなんかか?みたいな気持ちになります。

いろいろ試行錯誤した結果 力 = その人が持っている力 、 与える = 引き出し湧き出させるサポート に行きついました。

 エンパワメント=「その人が持っている力を引き出し湧き出させるサポート」 

≪使用例≫

「みんなでAさんをエンパワメントしていこう。」つまり

「みんなでAさんをAさんが持っている力を引き出し湧き出させるサポートしていこう。」

意味は、伝わると思います。エンパワメントの解釈の初めの第一歩として役立ててもらえればと思います。

続きは「障害者主体とエンパワメントの実践例」も是非お読みください。




エンパワメントについての本でより勉強したい方は

タイトルとURLをコピーしました